生命として強く生きた「証」。

平凡な毎日でも特別な一日でもない、あの人の、朝。連載「あの人の、朝。」は、ごく日常的な「朝」というシーンから、その人の生き方に呼応するSIRI SIRIの世界観をとらえる、カスタマーによるリレー連載です。

_DSC0095.jpg

SIRI SIRIのガラスのジュエリーとバルーンは似ている。

球体の形状や透明感、いつか割れてしまうかもしれないところ。

割れることは「儚さ」とは違う。

生命として強く生きた「証」だ。

静止しているけれども、動いて見える、

その前後を連想させるシームレスな表現。

それを、切り取った一部。


Rie Hosokai・Takashi Kawada/DAISY BALLOON


文 平川 友紀

写真 伊丹 豪

あの人の、朝。SIRI SIRI